【夏本番】2018年7月1日【快晴】

- 0
ただいま入ったニュースをお知らせします。

W杯で熱戦が続いている中、本日の筑南リーグ戦は午前中にグランド整備を行ったため2試合のみ行われた。

第1試合はAパートに残るためには1敗も許されないJA共済連となかなか勝ちに繋げられない筑紫野コッペリアフェニックスの対戦。

JAは初回、ヒットと四球でチャンスを作ると4番の岡部選手のヒットで2点先制。その後もヒットと四球などで追加点をあげ、初回に6点をあげた。

2回にも追加点をあげ、さらに4回に2本のツーベースと四死球などで4点追加する。

反撃に出たいフェニックスだが、行武投手の打たせてとるピッチングになかなかチャンスを作ることも出来ない。

最後までフェニックス打線はチャンスを作ることが出来ずに試合終了。

序盤の大量得点もあり11-0でJAのコールド勝ちとなった。

JA共済連 610 40 計11
フェニックス 000 00 計0
【J】行武ー新屋
【フェ】迫、松尾、重安ー近藤、迫
【二】岡部、若林、井手(J)

第2試合は勝てば首位浮上の焼鳥高陣と負けるとBパート陥落の危機もある筑紫野ウィザーズが対戦。

高陣林投手、ウィザーズ松永投手の先発で試合が始まる。

先制したのはウィザーズ。初回本日2番に入った桜木選手が弾丸ライナーでレフトスタンドに放り込み1点先制。

高陣も次の回、4番千住選手と6番小川選手の2本のツーベースですぐさま同点に追いつく。

ウィザーズも取られたらすぐ取り返す。今度は3番吉開翔悟選手がホームランを放ち1点追加。

しかし、5回に高陣の反撃。エラーと安打で溜めたランナーを4番千住選手のタイムリーで遂に逆転に成功。

このまま試合が終わるかと思ったが、最終回にドラマが…
先頭打者の関選手がヒットで出塁すると、エラーも重なり1死3塁となる。
ここで、9番の早木選手がタイムリーツーベースを放ち同点に追いつく。
さらにチャンスで本日ホームランを打っている桜木選手と吉開翔悟選手に回ってきたが最後の1本が出ずに同点で試合終了となった。

【高】林、松尾ー千住
【ウィ】松永、吉開正悟、藤吉ー桜木
【二】千住、小川、中村(高)
桜木、早木(ウィ)
【本】桜木、吉開翔悟(ウィ)

①タイガース 6勝2敗1分
①焼鳥高陣 6勝2敗1分
③福岡リバティ 6勝3敗
④アデランス 5勝3敗
⑤ファミリーズ 5勝3敗1分
⑤ウィザーズ 5勝3敗1分


⑦JA共済連 5勝4敗
⑧クラシック 2勝3敗3分
⑨八龍クラブ 3勝5敗1分
⑩フェニックス 1勝9敗
(11)ドジャース 8敗

また情報が入り次第お知らせします。
ページトップ